看護師が抱える苦労

看護師は、色々と苦労が絶えない仕事である。職場の人間関係も大変な上、患者とも良好な関係を築かなければならない。さらに最先端の医療技術を学び続けることも並大抵の苦労ではない。

ただ、そんな中でも多くの看護師が一番苦労する点として挙げるのが、夜勤である。夜勤が一番大変だという人が非常に多いのだ。なぜこうも夜勤が嫌われているかと言うと、第一に勤務時間の長さにある。長いときには16時間以上も働き続けなければならないので、一回するだけも相当にハードなわけだ。肉体労働とさほど変わらない体力的な消耗があるので、女性の多い看護業界では非常に嫌われている。夜の病院を怖いと感じる人も多いし、また、昼間のように信頼できる先輩や医師がいるわけではないので万が一のときに正確に対応が取れるか不安になる人もいる。精神的にもギリギリの状態が続くので、嫌悪する人が減らない。

夜勤を一回でもすると生活リズムが崩れて、その後の業務にも影響が出る可能性がある点も問題だろう。健康状態を維持させることも難しくなるので、できればやりたくないと考えるのも当然の話だ。ただ、それでもどうしてもやらなければならないケースが多い。なぜなら、どこの病院も人手不足で、職場によっては持ち回り制で必ず自分に夜勤の番が回ってくることがあるからだ。メリットもなくはないが、給料が良いという点以外にはそう多くはない。職場によっては、アルバイト看護師に夜勤を任せるなど、一定の工夫をしているところもある。もし、どうしても夜勤をしたくないのであれば、無床クリニック・介護施設・訪問看護など職場を選ぶことをおすすめする。

看護師として現役で働いている方は、心身共にさまざまな苦労を抱いているだろう。「辞めたい」と思っている人もいるかもしれないが、どうか簡単には辞めないでいただきたい。その理由としては、看護師は仕事の幅が広いだけでなく働く場所にも困らないからだ。安易にあきらめてしまうのはとてももったいないのだ。仕事で悩みを抱えているのは、皆同じである。悩みを共有し合い、相談してみんなで力を合わせて乗り越えていってほしい。看護師の悩み解決に役立つサイトはこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Powered by WordPress. Designed by Försäkra Online.