ケアレスミスを無くす取り組み

患者から慕われる存在である看護師。しかし華やかに見える看護の仕事も、その職場では苦労が耐えない。看護の仕事の中で大変なのは、責任から来る重圧感である。医療の仕事は、人の命に直接関わるような業務内容が多い。そのため、僅かなミスが重大な結果をもたらす場合もある。看護師は、失敗しないよう職場では常に緊張感を持って働いている。そのため精神的なストレスが多く、時には重圧から精神を疲弊させてしまい離職するケースも珍しくはない。

そこで看護の仕事の苦労を軽減すべく、医療現場では新たな取り組みも行われている。医療過誤がおきないように、二重三重のチェック体制をルール化し、医療現場では採用している。複数の看護スタッフたちが協力して確認するようにすれば、医療過誤の問題は極力減らせる。また電子カルテを採用し、医療過誤の予防を支援する設備が充実しつつある。電子カルテは、ケアレスミスを無くすための仕組みを取り入れやすいため、カルテの取扱に伴う失敗が少ない。

仕事の重圧が大きい看護の仕事にとって、重圧軽減のサポートが受けられる医療過誤防止の取り組みは助けになる。看護師の仕事の苦労が軽減されれば、人材不足の解消の助けにもなる。またこれらの医療過誤の取り組みは、患者の安全な医療サービスのために役立つ。患者が手厚い医療サービスを受けられている裏には、医療過誤予防のための看護スタッフたちの努力や、さらには電子カルテなど医療設備の進化があるのだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Powered by WordPress. Designed by Försäkra Online.