注射スキルを上げるために

看護師の基本スキルとして必要になるのが採血である。他人に対して注射ができるのは資格があるからこそできることであり、それが理由で重宝される現場すらあるのが事実だ。しかし、働き始めの看護師の場合にはそれが苦労を感じる場面となってしまいやすい。。ベテランに比べると腕が劣ってしまって内出血を作ってしまったり、血管にきれいに入らなくて痛みを感じさせてしまったりすることがあるからだ。

しかし、若いからしょうがないと感じてくれる優しい人ばかりではなく、それに対して苦情を訴える人も大勢いる。それにめげてしまう人もいるのが現実なのである。技術面の指摘を受けてめげていてはならず、技術の向上を図っていくことが対策になる。最も単純で効果が高いのはアルバイトをするという方法であり、採血を繰り返すことになる健康診断のアルバイトは最も練習に適しているものだろう。そのアルバイトの間だけはトレーニングという意識を持ち、たとえ痛みなどを指摘されてもめげない気持ちを持つことが必要になる。短時間の間に数多くの反復練習ができることからトレーニング効果は高く、採血をする相手も様々な状態の人になることから知識だけでは身につけられない柔軟な採血技術を速やかに身に付けることができるだろう。

注射のスキルは、看護師のレベルを図る指標にされることが多いため、ぜひ身につけておきたいものである。もし、どうしても注射が苦手できついのであれば、注射のない職場もあるため転職を考えてみるのもひとつの手である。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Powered by WordPress. Designed by Försäkra Online.